ニュース一覧

【磯焼け】 ニシンがコンブの栄養源として寄与すると判明-100年以上前のコンブの標本を検証

1: 朝一から閉店までφ ★@\(^o^)/ 2017/07/26(水) 12:21:50.59 ID:CAP_USER.net

北海道大学は、1930年頃に発生したとされる、コンブ等の大型海藻類が消失し、それを餌とするウニやエゾアワビ等の生産が減る「磯焼け」発生以前の海の栄養状態が明らかになり、ニシンがコンブの栄養源として寄与していたことが解明されたと発表した。

「磯焼け」は、コンブ等の大型海藻類が消失し、それを餌とするウニやエゾアワビ等の生産が減る現象。北海道日本海では、南西部を中心に磯焼けが著しく、その一因として栄養塩との関連性が指摘されている。一方、19世紀末~20世紀初頭(明治~大正期)には大きくて黒々としたぶ厚いコンブが大量に存在していたと、漁業者により昔から伝えられてきた。しかし、過去の海の栄養状態を説明できる科学データは、これまで存在しなかった。

 

–引用ここまで 引用元は以下–
https://s.news.mynavi.jp/news/2017/07/24/025/?amp

続きを読む


金魚は体内でアルコールを作れると判明 将来は金魚酒が飲めるかも

引用元:twitter

続きを読む