ニュース一覧

【いきもの】サカサクラゲ、脳ないのに眠ってる? 夜は傘開閉少なく

1: 岩海苔ジョニー ★ 2017/09/22(金) 07:14:43.19 ID:CAP_USER9

 熱帯の海などにいるクラゲの仲間サカサクラゲが、夜になると活動が鈍って眠ったような状態になることを米カリフォルニア工科大などの研究チームが明らかにした。睡眠は哺乳類などの動物だけでなく、昆虫などにも共通する生理現象で、主に脳を休める目的があると考えられてきた。脳などの中枢神経系がない、より原始的なクラゲでも確認されたことで通説が覆りそうだ。

 米専門誌「カレント・バイオロジー」に論文が掲載された。研究チームは、触手を上に向けて海底で暮らすサカサクラゲの仲間23匹を6日間、昼夜を通して観察し続けた。その結果、傘の部分を開閉する動作は、昼は20分あたり平均1155回だったのに対し、夜間は約3割少ない同781回になっていた。

 水槽の底にいるクラゲを持ち上げて底に戻るまでの時間を測定すると、通常はすぐに泳いで底に戻るが、睡眠状態にある場合は5秒ほどフラフラ漂った後に突然目覚めたように底に向けて泳ぎ始めた。さらに20分に1回、刺激を与えてクラゲを眠らせないようにすると、日中でもすぐ眠った状態になることも確認。睡眠していると判断した。

 研究チームの大学院生マイケル・エイブラムズさんは「睡眠は、脳とは無関係に太古から受け継がれてきた行動であることを示唆している」という。今後、ほかのクラゲにも睡眠状態があるかや、クラゲの体内で睡眠を制御している遺伝子の働きの解明などを目指すという。(小林哲)

http://www.asahi.com/articles/ASK9P32Z7K9PULBJ002.html
no title

no title

no title

 

9: 名無しさん@1周年 2017/09/22(金) 07:23:15.86 ID:BtL+QraM0
夢は夜開く♪

 

13: 名無しさん@1周年 2017/09/22(金) 07:27:31.55 ID:xdwlzn8o0
温泉マーク

続きを読む


【豪州】オニヒトデを食べる50cmの巨大巻き貝を海に放ちサンゴ礁を復活させる試みが進行中

1: 岩海苔ジョニー ★ 2017/09/21(木) 16:59:06.63 ID:CAP_USER9

【9月19日 AFP】オーストラリア政府は18日、同国にある世界最大のサンゴ礁、グレートバリアリーフ(Great Barrier Reef)をヒトデの被害から救うため、ヒトデを食べる巨大な巻き貝を放つ計画を発表した。その一環として、このまれな巻き貝を大量繁殖させる試みが進められている。

 サンゴを捕食するオニヒトデはもともとグレートバリアリーフに生息しているが、汚染と農業排水によって急増している。

 オニヒトデの影響は深刻だ。2012年に実施された全長2300キロメートルのサンゴ礁の健康に関する大規模調査で、過去27年間にサンゴに覆われた部分は半減し、その損害の42%がオニヒトデによるものだったことが明らかにされた。

 一方、オーストラリア海洋科学研究所(AIMS)の研究によると、オニヒトデはホラガイが生息する地域を避けることが分かっている。

 約50センチメートルにも成長するこの巨大な巻き貝は発達した嗅覚を持っているため、においだけで餌を捕獲することができる。研究によると、ホラガイはオニヒトデが大好物だが、食べるのは1週間にほんの数個。また貝がら目当ての乱獲によって絶滅の危機に直面しており、残されている数は多くはない。

 これを受けてオーストラリア政府は18日、ホラガイの繁殖に関する研究への資金提供を発表。ウォーレン・エンツッチ(Warren Entsch)下院議員は「もし成功すれば、科学者がオニヒトデの習性に対するホラガイの影響を詳細に観察でき、サンゴ礁が根こそぎ失われるのを食い止める管理ツールとしての潜在的能力を試すことが可能になる」 と述べた。

 AIMSが保有するホラガイは、無数の涙形の卵嚢(らんのう)を産み付け、先月には10万を超える遊泳性幼虫がかえった。だがホラガイは非常に希少なため、そのライフサイクルについてはほとんど知られていない。AIMSが保有する八つのホラガイの収集には、2年がかかった。(c)AFP/Martin PARRY

http://www.afpbb.com/articles/-/3143451
no title

 

65: 名無しさん@1周年 2017/09/21(木) 17:13:56.70 ID:Q0xOAqBi0
>>1
ハブ対策にマングースを放つ作戦くらいは効果あるのか

 

70: 名無しさん@1周年 2017/09/21(木) 17:14:52.79 ID:ybOh78z60
>>65
それ昔やってたねw 結局マングースはハブと闘わないってw

続きを読む


【おさかな】なぜ?博多湾河口付近に大量の魚、異様な光景に「こんなのはじめて」「気持ち悪い」。釣り人は「楽しい」。福岡市

1: 記憶たどり。 ★ 2017/09/19(火) 09:27:09.75 ID:CAP_USER9

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170918-00000006-tncv-l40

なぜこのような現象が起きたのでしょうか?
博多湾に流れ込む川の河口付近に突如現れた大量の魚の群れ。
異様な光景が広がりました。

【記者リポート】
「福岡市東区の博多湾の一角です。こちらをご覧ください。湾の中に突然、大量の魚が現れました」

福岡市東区の人工島、アイランドシティにほど近い河口付近に現れた魚の大群。
その多さは水面あたり一体が黒く覆われるほどです。
この異様な光景に、道行く人も次々と足を止めました。

【見に来た人】
「みんないるから何かな?と思って。ちょっと気持ち悪い」
「こんなのはじめてみた。網を持ってきて取りたい」

中には釣竿を持ってきて釣りを楽しむ人の姿も。

【釣り人】
「大漁ですね。見えてるから楽しい。簡単に釣れるし、待ってる釣りよりも(楽しい)」

気になるこの魚の正体は「コノシロ」と呼ばれるニシンの仲間で、別名は寿司ダネとしても有名な「コハダ」です。
コノシロは、博多湾にも数多く生息しているものの、海をよく知る釣り人でも見たことがないというこの現象、
一体、なぜ起きたのでしょうか?

福岡市の水族館「マリンワールド海の中道」によりますと、台風18号の影響もあったのか、
エサとなるプランクトンを追って河口付近に大量に集まった可能性があるということです。

一方で別の専門家は、例年より海水温が高いため、比較的水温の低い河口付近に集まったとも
考えられると指摘しますが、いずれもはっきりとした原因はわからないとしています。

 

64: 名無しさん@1周年 2017/09/19(火) 09:44:10.35 ID:HlpIYUhX0
「このシロ~~!」

 

65: 名無しさん@1周年 2017/09/19(火) 09:44:21.46 ID:X4ExsZTI0
no title

 

96: 名無しさん@1周年 2017/09/19(火) 09:53:29.68 ID:E2h5fr0B0

続きを読む


八景島シーパラダイスで深海生物大量死 機械故障し水温上昇 譲渡元「希少性高く残念」

1: のっぺらー ★ 2017/09/13(水) 21:16:57.59 ID:CAP_USER9

横浜市金沢区の海洋レジャー施設「横浜・八景島シーパラダイス」で、
外部の研究機関から譲渡された深海生物約90匹が全滅していたことが、
関係者への取材で明らかになった。
水槽内の水温上昇が原因という。

譲渡したのは、深海などの観測を行っている国立研究開発法人
「海洋研究開発機構」(JAMSTEC)の旧研究室。
研究室の閉鎖に伴い、3月中旬にカサゴ目の海水魚「ヤマトコブシカジカ」や
新種のイソギンチャクなど計約90匹を譲渡した。

いずれも深海に住む希少性の高い生物で飼育水温は1~4度が理想。
限界温度は約10度とされる。

施設によると、大量死が発覚したのは譲渡の約3カ月後の6月ごろ。
水槽内の温度を保つ冷却設備が故障し、水温が上昇したのが原因。
深海生物が死んでいた水槽内の温度を測定した際に、
設定温度よりも高かったことから機械の故障が発覚したという。

旧研究室関係者によると、
旧研究室員らが大量死の事実を把握したのは大量死から約2カ月が経過した8月ごろ。
別の旧研究室関係者らが、一部の深海生物を提供するよう施設側に求めた際、
「水温の上昇で全滅した。標本にもできなかったため廃棄した」と返答があった。

施設担当者は
「譲渡された生物であり、譲渡の交渉時の担当者が退職していたことなどから
 報告する必要はないと判断した」と説明。

一方、旧研究室関係者によると、譲渡案件は同機構にも引き継がれており、
飼育方法に関する施設側からの問い合わせにも随時対応していたという。

日本動物園水族館協会(JAZA)の岡田尚憲事務局長によると、
深海生物は水圧の違いなどから、海上に引き上げた直後に死んでしまうことも珍しくなく、
地上での安定的かつ長期的な飼育は「相当難しい」としている。

ただ、今回譲渡された深海生物は旧研究室側が約10年前から飼育を始め、
徐々に個体数を増やしてきたもの。

旧研究室関係者は「すでに順応した深海生物の希少性は高い」とした上で、
「(展示することで)深海生物の面白さを発見するきっかけになればと期待していたのに残念だ」と語った。

施設担当者は産経新聞の取材に
「機械が故障した原因は調査中だが、こちらにも落ち度はあったと思う。
 これからも真摯(しんし)に飼育を行っていきたい」としている。

写真:譲渡され、死んだ「ヤマトコブシカジカ」と深海エビ
no title

以下ソース:産経ニュース 2017.9.13 20:52
http://www.sankei.com/affairs/news/170913/afr1709130042-n1.html

 

141: 名無しさん@1周年 2017/09/14(木) 01:44:24.32 ID:jrJj5mfG0
>>1
あーあー

 

210: 名無しさん@1周年 2017/09/14(木) 05:27:25.70 ID:MnDAGsTC0
>>112
問い合わせを何度も無視ってのがすごいな

続きを読む


【外食】かっぱ寿司の食べ放題8月は総勢4万人超え!9月「新・食べ放題」が実施される全36店舗はココ

1: 新規スレッド作成依頼1132-217@チンしたモヤシ ★ 2017/09/17(日) 15:33:18.49 ID:CAP_USER9

かっぱ寿司の食べ放題が復活! 「新・食べ放題」が実施される全36店舗はココ

全国36店舗にて「新・食べ放題」を開催
http://n.mynv.jp/news/2017/09/17/015/images/001l.jpg
マイナビニュース エボル[2017/09/17]
http://news.mynavi.jp/news/2017/09/17/015/

かっぱ寿司は9月25日~10月6日、全国36店舗にて、80種以上の商品を対象とした、ドリンクバー付の60分間の食べ放題「新・食べ放題」を開催する。

同店では8月28日~9月8日の期間、平日14時~17時限定で「新・食べ放題」を実施。前回の「食べ放題」に引き続き好評で、期間中に総勢4万人を超える来店者があった。

また、前回多くの来店者を待たせてしまった反省点を生かし、今回はアプリやWEBからの予約に限定し、開催。その結果、限定の席枠をめぐってシステム上での争奪戦となり、店舗では待たせることなくスムーズに利用することができた。来店者からも、より満足したとの声が寄せられていると言う。

今回は、実施店鋪を変更し、全国36店舗にて同じく「新・食べ放題」を開催する。開催期間は、9月25日~10月6日。時間は、平日14時~17時。料金(税別)は、男性:1,580円/女性:1,380円/小学生:780円/65歳以上:980円/小学生未満:無料。延長料金(10分):500円。小学生未満は、保護者1名につき、2名まで。3名以降は、1名につき500円となる。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連
WEB予約限定 新・食べ放題
https://www.kappasushi.jp/cp/tabehodai
9/16~10/15#かっぱとろの日」ツイッターかインスタグラム 16名様に1万円分のお食事券をプレゼント
http://www.kappasushi.jp/share/img/toro_no_hi/mv.jpg
https://www.kappasushi.jp/campaign/toro_no_hi.html
吹石一恵の一言で商品化!かっぱ寿司が「女漁師のひかりづくし」
http://www.rbbtoday.com/imgs/p/5Mv003Y5bG8YWlzdSjWJq4VMdEMsQ0JFREdG/576154.jpg
https://www.rbbtoday.com/article/2017/09/14/154643.html

 

2: 名無しさん@1周年 2017/09/17(日) 15:33:40.92 ID:CdqqTYUv0
↓例のコピペ

続きを読む